Cargo
HOME











































































































































































































































































































































































































上に戻ります

  T31へ ナビ移植?

 ナビは「そこそこの機能でいい」という私的な考えから・・・T30からの移植です (^^ゞ
 今まではSONY NV-XYZ777をステアリング前に置き、純正ナビと2画面を見比べる
 事で、広範囲の渋滞 詳細な道路を確認でき、非常に便利でありました
 また、センターメーターは好みだった訳です (^^ゞ

 このナビを流用するので 今度のT31の購入時は、ナビ・オーディオレスを選択
 でも、センターメーターではなかったので装着するところが無い (--;)
 そこで、納車前から埋め込む算段をしていました (^_^)


    ・SONY NV-XYZ777   ・Panasonic CN-GP710VD


 10月19日(大安)納車 担当から簡単な説明を受け、早速インダッシュカバーを剥がす
 と、その前に・・・

 インストールするSONY XYZ-777
 のモニタと本体です

 モニタ幅が20mm程大きいです

    うまく入るんでしょうか?
 これは、ナビレス車の画像です

 私のは撮るのを忘れたのでHPから
 借用しました・・・事後承諾 (^^ゞ

 AXISではないけど (^^ゞ 
 で・・・
 これが、完成予想図

 適当にはめ込んでみた
 画像処理だと、どうにでもなる (^^ゞ
 そして・・・納車1時間後
 これが、実際に仮置きした図


 オーディオは、カロのDEH-P520を
 準備しておきました
 
 ハーネス込みで1万8千円程
 そこで・・・
 不要な部分をカットする事に

 寸法を測ってノコとヤスリでカット
 します

 それから・・・
 更に、3時間後  パテ盛り・研磨を
 繰り返し塗装して完成
 完成 (^_^)・・・5時間後
 やっぱり、ラインOP風がいいですね

 ディーラーOP風だと、ナビの本体が
 収まりません
 上段にあった使い勝手の悪そうな
 箱?も無くなり、スッキリ収まりました
 操作は・・・
 パネル両サイドのスイッチを押せる
 様に、カバーにえぐりが入っています

 隙間から、ベージュが見えるので
 黒のステッカーシートを貼り目隠し
 操作も不便なく・・・
 見た目はイマイチですが (^^ゞ

 納車日の夕暮れ エンジン掛けて
 初ドライブを堪能しました

 追記
 他車でNV-XYZ777を埋め込んだ方から「画面が暗いので見にくい」とメールがありました
 このページを参考にされたとの事なので・・・申し訳無い そこで、解決方法を追記します

 理由は・・・モニター後方内部に受光センサーがあるので、埋め込まれてしまったモニタは、
 常に『夜』と判断?します その結果、モニタ画面は 昼間は暗くなり 輝度を上げると
 夜は明るくなり過ぎて、非常に見難い状態になってしまいます

 そこで・・・モニター後部に照明を取り付け、イルミネーションの電源でON/OFFする事で、
 昼/夜の疑似環境を作って誤魔化す訳です そして、オートディマー機能をONにすれば
 見易くなります

 簡単な構成 (^^ゞ 
 1.リレー(1bタイプ)のコイルにイルミネーション電源を繋ぎます
 2.高輝度LEDと制限抵抗をリレーのB(NC)接点を通してACC電源に繋ぎます
 3.モニタ後方から内部に向けてLED灯を照射する位置に取り付けます

 以上で、昼間はLEDが発光し、夜はライトを点灯する事で接点が開きLEDは消灯します

 他のオンダッシュ・モニターも同じかな? 参考になれば幸いです (^_^;)


 アンテナ関係は助手席前に置いて
 あります

 左・・・レダー用GPSアンテナ
 中・・・電波・光ビーコン
 右・・・ナビ用GPSアンテナ

 運転席前だと鬱陶しいから (^^ゞ
 翌日・・・
 バックカメラは、定番のリアーガー
 ニッシュへと埋め込みました
 T30からPanasonic CY-RC50D移植

 リバースでエクスはナビ表示
 トレは、ミラーモニターで常時表示

 連結部辺りに子供が居たら・・・
 両車の後部確認は重要です (^_^;)
 
 T31は・・・
 T30に比べて、隙間が無い (--;)

 ケーブルもチョン切って短いので
 アクセサリユニットはジャッキ収納
 庫?にギリギリで納まりました

 今更に、T30が悪戯し易かった車
 だったかと・・ (^_^)
 


 TVアンテナ?・・・見ないので付けてません
 FM VICSは使えないけど、取り敢えずビーコンがあるから良しとします


 さて、ナビ無しT31にオマケの4つの純正SPですが、物足りない・・当たり前か (--;)
 そこでナニにするか考えてみると、音源は前から聞こえるのが普通 特に高音域は、
 当たり前 と言うか そうでなければ気持ちが悪い (^^ゞ

 リアドアの純正SPからは、殆ど音を出さないで聞いているし、という事で・・・
 

 carrozzeria TS-C07Aに決定 (^^ゞ
 制震材とバッフル板を一緒に購入

 セットにはT31用のコネクタは無い
 ので、付属品を使って直結します
 ※元に戻す事は無いだろうし・・・ (^^ゞ
 ドアの内張を剥がし・・・
 
 1.SPのコネクタを外します
 2.SP配線のテーピングを解きます
 3.コネクタをカットして、配線をゴム
   ブッシュの中に入れテーピング
   します
 4.付属のケーブルをカットして
   既存配線と直結します
 制震材をSPの奥と周辺に貼ります
 バッフルを取付、SPに配線してから
 取り付ければウーハーは完了 (^^ゞ

 T31は、サービスホールが無いの
 ですが、弱そうな所には余った制震
 材を貼った方がいい結果がでます

 簡易的なデッドニングです
 ツイーターは、サイズが大きくて
 純正位置には収まりません (--;)
 
 左が仮置きした状態
 右が半分傾斜させて埋め込んだ状態

 これなら見た目許せる範囲?なので
 これで固定しました
 取り付け穴は・・・
 左右のカバーを木工用ヤスリで画像
 の様に削りました
 内側に向けて削り、仕上げは無し

 毛羽だった方が接着性がいいです
 接着には、黒のホットボンドを使用
 すると目立ちません
 

 取り付けた結果は・・当然ですが純正に比べたら、遙かに いい音に変わりました (^ヘ^)v
 ドアの閉まる音も1ランク上に・・・ (^_-)




◆2008/4/29 IPod nano 追加

 今までは、CDにMP3を100曲以上焼いたのを聞いていました
 これはこれでいいのですが、1枚当たりの曲数が多いと選曲が面倒になります
 更に、DEH-P520は価格に相当する機能『英数文字表示』しかありません
 そこで、金欠中年の財布に優しいiPod nanoの3rdモデルに変更したのであります
 
 まず、小さい

 そして、選曲が簡単

 でも、取り付けと接続は・・・?

 まず思いついたのが、オーバーヘッドコンソールの中
 確かに、iPod nano 3rd ならピッタリサイズです 閉じれば、iPod が見えないし いいかも
 なんて考えていたのですが・・・本体だけなら一押しの場所でした (--;)

 取りあえず、iPodの「電源入り切り」が面倒なので、先に対応製品を探す事にした
 サン電子(SUNTAC)のCCIP-402なら
 ・カーチャージャー
 ・キー連動電源制御
 ・LINEOUT端子

 そして、これが大きいので 目隠しに
 iPodホルダーを序でに購入

 同じSUNTACの直販からIPD-351/B
 を購入して取り付けました (^。^)
 横から見るとカーチャージャーの
 大きさがわかります (--;)
 でもホルダーを前に付ければ
 目隠し? になります (^^ゞ

 シフトノブを装着し、P位置で
 干渉する事もありません

 敢えて言えば、助手席のシート
 ヒーターSWの操作時、少し邪魔に
 なる程度です

 運転席からはヒーターのランプが
 見えるので問題はありません
 この角度で見えないならいいと言う
 訳ではありませんが・・・取りあえず

 関係ないですが、このホルダーが
 意外としっかりしていていいです (^^ゞ
 チョッと高いですけどね

 右側に付けるとヒルディセントSWが
 使えなくなるので左側(助手席)に
 付けました

 これで、キーを入れて回すと iPod の電源が入り再生(曲の続き)が始まります
 キーを切ると再生が止まり、約2分後に iPod の電源が切れます・・・賢い (^。^)

 でも、Dockコネクタが小さければオーバーヘッドに付いたんですけどねぇ (/_・)/


 iPod関連製品が増えていますが、早くカーメーカー純正品で特に収納トレーなんかが
 出るといいですね・・・作った方が早いか (^^ゞ その内に



  Panasonic Gorilla CN-GP710VD

 ナビも6年使うと地図も古くなり、メーカー側の供給も無いとなればナビ本来の機能は
 半減する。 山や田んぼ、そして川の中を走ってもいいのだが、流石に知らない土地
 では、遠回りのルートを指示される事も増え始めてきた (-_-;)

 そこで、最新ナビへ更新する事にした Panasonic 名の Gorilla である

 絶対条件は、XYZ-777と入れ替えが可能な事なのだが、これはなんとでもなりそう
 なので、安くて そこそこ機能が有ればいいモノを選択肢?とした
 まずは、XYX-777の撤去作業だ

 これが色々と面倒くさい (-_-;)
 GPSアンテナ、ビーコン、その他
 の配線を外すのにも手間が掛かる

 擦り傷を作りながら、なんとか外し
 終わった画像を1枚 (^_-)

 2DIN と 1DIN がポッカリ口を開けて
 次期ナビの装着を待っている
 同着前にやらなければならないのは
 クレードルのロック部分の改造 (^^ゞ

 これを外さないと 2DIN には収まら
 なくなってしまうのである
 ビスを外して・削って・・・完了
 適当にデッキの上にナビを貼り付け
 配線したコネクタを差し込めば完了

 実に簡単な作業である
 今までの苦労はなんだったのか

 とは言え、多少はイジっているので
 下に書いてみます 

 TVやVICSアンテナの取付は除いて・・・
 本体左側の各種入力ジャックですが、取付金具と干渉するのでサンダーでその部分
 を削ります それから・・・それだけでした (^^ゞ

 その他には、1DINのスペースにアルミ板をL字に曲げ、カーボン調のシートを貼って
 これも完了です しかし、これだとタダのメクラですから15mm奥に張りました
 そして、レーダーのモニタ部の凸も削り取って、強力両面で貼ります

 その後、レー探をCELLSTARのAR-G6Sに替えたところ・・・デカイ (^^ゞ
 まぁ、インパネをAR-G6Sのボディ形状に合わせて削ればいいんでしょうね
 AR-G6S・・・探すのに苦労しましたが (^○^)

 開いている左側には、ipod nano の小さいのを取り付ける予定です
 

 インパネを元に戻して取りあえずの姿です (^○^)
 ipod nano が届くまで・・・デカメの nano が張り付いていますが (^^ゞ

 旧GPSやビーコンアンテナが無くなったのでスッキリしました
 埋め込んだナビですが、GPSの信号はじっかり受信しています
 自宅のカーポトでも、通信衛星は8〜10個拾っていますから、問題ないでしょう (^ヘ^)v

 ナビのOPは、TVアンテナとバックカメラ接続キット(配線) そして、リモコンです
 ・カメラの配線の1本はパーキングブレーキの・・・ですが、アースして完了
 ・カメラの切換は、ナビの設定で「自動」にするだけ
 また、カメラのラインも調整が可能です・・・X-TRAILはセンターからスレてますからね

 最後に、ステアリングSWにナビのリモコンのキーを教示して 全て完了です