Cargo
 
HOME
























































































































上に戻ります


 ドッグ
(パーテーション)ネット


エクストレイル購入時からドッグネットを探していたが、日産には無い。
他社には有るのに「なぜ、日産には?」と問い合わせると「次回の参考に」
と・・・返事が返ってきた (^^ゞ

WEB検索すると、ネットタイプと金属の伸縮タイプを良く見掛ける事ができる。
女房のパジェロミニに取り付けたネットだと、サイドのサポートが無いので
ウランは簡単にすり抜け、買い物が終わって車に戻ると、毎回運転席に
チョコンと座って待っている始末 (^^ゞ  完全に仕切るネットは・・・

新型エクスが発表となり、今回はネットが標準仕様となっていたので 早速
見に行くと『メキシコ製カラビナ付き』がスペアタイヤの上に置いてあった。
セールス曰く・・「今度のエクスは如何ですか?」
私・・・・・・・・・・「そんな事はどうでもいいけど・・これいくら?」
セールス ・・・・「標準品なので解りません」
後日連絡があり・・\3,900  サイズも強度?も申し分ない (^^ゞ

   商標名:マルチザイルネット







車両の荷室フック数:
   新型・・・・・13ヶ所
   旧型・・・・・ 7ヶ所 

新設フック位置は、ドッグネット用には不適切な位置にある。
旧型のボルト隠しに追加しただけだから、余り意味がないのであった。


◆取り付けにあたっての条件

  1.取り付けは、車体に穴加工などしない
  2.取り付け(固定)ヶ所はできるだけ少なくする
  3.リアシート(ヘッドレスト含)に当たらない
  4.ネットと車体の隙間は少なくする
  5.ネットはいざという時に、切断しても気にならない価格

という事で、5はクリアできたのでフレームの寸法取り後、作製開始。

 フレームは、φ10のSUS丸棒をリアサイドピラーの内寸 各-15mm
 程度に曲げ加工してエンドを溶接。 その他は下記の通りです。

 ◆取り付け位置

 取付は、リアのシートベルトの
 ボルトに固定する事にした

 フレーム側には同じ高さにφ12の
 丸棒を車体前方向に直角に溶接
 (ワンコに突起物が当たらない様に)
 M12でネジを切った

 ◆ フレーム固定金具

 L型の金具に穴を開け、M12のナット
 を溶接  ベルトのボルト側にはφ14
 の穴を開けた
 こうする事で、室内が傾斜していても
 問題なく固定する事ができる

 アバウトなフリー設計 (^^ゞ

 ◆ フレームの固定

 フレームのネジに、左右同寸に金具を
 廻して填め込み、ベルトのボルトを締め
 込むと固定完了

 金具と車体フレームの間に付いていた
 ワッシャを1枚内側に入れ直すと内装が
 痛まない
 
 ◆ ウランの目線から・・・

 ピレの目線から見た前方の様子

 最初は鼻をくっつけ臭いを嗅いでいたが
 「何をしてもムダ」と悟ったのか
 今はおとなしいものである 

 ◆ シートとのクリアランス

 フレームとボルト間は150mm
 この寸法だと、シートは最初のノッチでは
 問題なく固定できる
 2番目のノッチでは多少干渉する程度

 ムリ(シート地が変形)すれば3番目も可

 ◆ 取り付け後の全景

 リアサイドガラスのダイバーシティアンテナ
 への影響も無く、割と綺麗に収まっている

 キャンプに行くときは・・・
  一番広いスペース(ワンエリア)である
 
 ネットがヘッドレストの代用となる?


 ・・・以上、完成したドッグネットであるが、下側の固定は2ヶ所のフックに
   ビニールコーティングの針金で止めている 
   尚、針金は表面に出ない様にして ネットの固定は、テント用のロープを
   廻しながら締め込んである

    作製上の証となる寸法は、シートベルトのボルト位置と幅である
    フレーム寸法は もう一回り小さい(-50mmの)方が無難かも知れない

    もし、作る方がおられるなら・・・参考になれば幸いです

 ◆ 欠点

   やっと取り付けできたネットであるが、欠点もある
   エクストレイル得意の自転車やスキー板 そして、DIYの材料が載らない
   この場合、ルーフキャリアの併設をお薦めする

 ◆ 今後の予定

   大蔵大臣から、カーゴトレーラーの許可が降りた・・・来年の話である (^^ゞ