我が家のキャンピングトレーラー

冬のボーナスから若干の資金を廻して貰ったので、予定順に計画を進める事にした
まずタイヤ交換が終わり、次はソーラーパネルの取付である

購入時に担当者から「強度が弱いからソーラーパネルは付けない方がいい」と言われていたが
それ以前に亀裂が入っていたのである 取り合えず亀裂をシールで簡易補修する事にした
亀裂は表面の塗装なので特に問題は無かったが、その内に全面補修が必要かな

ハイマーのルーフ構造は、結構丈夫に出来ているので乗っても大丈夫です・・・でした (^_^;)

◆ ソーラーパネル取付
 シャープ製 「NE-70A1T」
 シリコン多結晶パネルです

 ・最大出力 70 W
 ・最大出力動作電圧 15.81 V
 ・最大出力動作電流 4.43 A
 ・外寸 1200×530×35 mm
 ・重さ 8.5 kg
 ・動作温度 -40〜+90 ℃

 下では大きく見えるが、上に載せ
 るとそんなでもない
 組み付け完成の図 (^^ゞ

 無線関係の機器をパネルの
 下に入れる予定だったので
 立ち上がりは、120mm

 机の上では120mm程度なら
 いいだろうと作ってみたものの
 実際、ルーフに載せると・・・
 120mm以上に感じる

 ベースは、SUS304 t1.5
 を使い曲げ加工
 車内へケーブルを入れるには、
 2ヵ所の穴開けが必要になる
 ので、BOXを取付け、引き込み
 を1本にした

 取付は、全てVHB構造材用の
 両面テープを使用

 貼り付け面の脱脂処理をすれ
 ば、取るのが大変な位しっかり
 接着する
 黒(+) 白(-) の各2本(φ6)を
 左右から取り入れ、後方から
 出力を出す事で、走行中の雨
 にも対応出来る・・・かも

 元のケーブルと同様の2スケ
 ケーブルを使用しメンテナンス
 が容易な端子接続とした

 外皮は紫外線にも強い色の
 黒いケーブルを使用
 コントローラーは、未来舎製
  PowerTite  PV-1212D1

 バッテリーとパネルの電圧に
 加え、当日・1日前・2日前の
 発電量を表示する
 更に、負荷の自動ON/OFF
 そして、連続負荷電流12Aとい
 う機能が選択した理由である
   こうして見ると、立ち上がり120mm以上の高さに感じる 無線搭載をやめるなら
   下げる事にしようかな? 等と思案中
 2006/12月現在は・・・こうなってます (^_^;)
 常置場所から太陽に向けて、2度の傾斜を付けていますが、水平よりはマシかな?
 それよりも、雨水が貯まらないし 汚れの付着が少なくなりました