我が家のキャンピングトレーラー

◆ チョット改造

 HYMER ERIBA Touring PUCK L

 全長:4550mm
 全幅:1800mm
 全高:1870mm(通常)
 全高:2020mm(ポップアップ)
 内幅:1700mm

  
2004年10月
  
福士川オートキャンプ場・・・にて
   (ヒッチにウンチ袋の図)

 我が家の小さなキャンピング用トレーラー ・・・ 購入時のままでは、車内の灯りと水が一切
 使えない仕様 つまり、電源サイト専用車なのである
 更にAC/DCコンバーターは動作するものの、中の腐食も酷くトランスは唸っていた

 そこでAC電源接続時はコンセント/冷蔵庫/充電器のみに給電 DC系はバッテリー専用に
 変更する事にした  まずはトランス/基板/ブレーカー等 不具合ヵ所をチェックしていくと・・・
 中身を全て撤去し、新規に作り直した方が良さそう (^_^;)
 設備の制御盤よりは遙かに簡単なのだが筐体のスペースが小さいのが難点 (--;)
 残ったのはハウジングのみ・・・でもなんとか基板が納まりました (^_^;)


 その他の改造は・・・


◆ 電気系
  バッテリー
 バッテリーは
 ACDelco の M30HMF(115A)

 この車体では重いかな? と気
 が付いた時はクリックして
 既に購入済み (^^ゞ

 でも車軸上に設置するので、
 後は左右のバランス次第で
 しょうか
 
  充電器
 DCチャージャーは、放熱対策
 と、外からでも動作が確認でき
 る様に、クローゼットの横に
 貼り付け、外部電源からコン
 バータのブレーカーを通して
 通電しています


 バッテリースイッチを収納庫の
 壁面に埋め込み、バッテリーの
 二次側を入り切りしています

 ◆有ると無いでは大違い
 安全・便利なスイッチです
  インバーター
 外部AC系は・・・
 冷蔵庫 充電器 コンセント2箇所

 DC系は・・・
 冷蔵庫 ヒーター 水ポンプ ランプ
 そして、AV系とインバーター
 序でに、シガーライターソケットへ

 内部AC系は・・・
 1000Wのインバーターから
 シンク脇へ2口コンセントを増設
 女房のドライヤー用です (--;)

 もう一つの300Wは、ヘッド車との
 兼用なので固定していません



 時々ホットボンドや工具等 出掛け
 た先での緊急/悪戯用に重宝
 しています

 使用頻度は少ないですが、無いと
 困る装備でもあります
  ソーラーパネル
 帰ってからの充電も面倒だし、
 災害対策も含めて、シャープの
 ソーラーパネル「NE-70A1T」を
 取り付けました

 購入時に、「この車にはムリ」と
 言われていましたが・・・
 全く問題ありませんでした

 総重量16Kgの為、ポップアップ
 する際に 少々押し上げる力が
 必要になります

 
   『ソーラーパネル取付へ』
  バックカメラ
 X-TRAILのバックカメラを換えた
 ので、今までのSONYのカメラを
 トレーラー後方に取り付けました

 如何にもカメラだぞ〜という風貌
 なので丁度いいかんじです (^^ゞ

 映像はX-TRAILのミラーモニタで
 接続時に常時表示しています
  フリップダウンモニタ と DVDプレーヤー
 室内には6灯のハロゲンランプが
 取り付けてられています
 でもヘッド側の2灯は殆ど使う事
 も無く また、20Wを消費する為
 無用の長物と化していました


 常々小さな灯りに替えようかな?
 と思っていましたし、ポータブル
 DVDも以外と邪魔になるので
 どうせなら少し大きなワイド型の
 9.2inchにして、DVDプレーヤー
 を固定する事にしました

 見つけたのは、フリップダウン型
 の最近ワンボックスで流行って
 いる天井取付型のモニタです
 ヤフオクからメーカー不明?の
 説明書が紙1枚のモノを落札(^^ゞ

 DVDプレーヤーはカモスの
 DV-3800Sを楽天で共同購入(^^ゞ


 しかし、この組み合わせでは
 音がでない・・・
 探してみたら、物置からPC用
 で使っていたダイアトーンの
 DS-31PというSPが出て来た
 ので、早速取り付けました

 このSPは、入力がピンジャック
 とプラグのダブル装備 更に、
 電源がDC12Vなのでした (^ヘ^)v

 SPは戸棚の中に入れたので
 扉は垂れない様に水平開きで
 止まる様にしました

 真下付近ではコントローラーが
 使えないので、外部接続の赤外
 線センサー そして、温度/電圧
 計をモニタの前面に貼付ました

 今回のモニタ/プレーヤーの
 総購入費は3万円以下
 
(送料/代引 き手数料込み)
 一応新品/新型です (^ヘ^)v
 このモニタ、オート電源とやらで
 バッテリーSWを入れると閉じて
 いても勝手に電源が入ってしまう
 のである (--;)

 そこで小さ目のマイクロSWを
 強引に取付る事にした
 全てホットボンドで固定 (^^ゞ

 照明の基板をマイクロSWに合わせて切り欠く事で、なんとか納まった (^ヘ^)v
 プラスのパターンを欠いてしまったので欠損パターンにジャンパを飛ばし、これもホットボンドで
 補強?固定 \(^^:;)...  これで、パネルを開く事で電源がONする様になった

 オートSWって・・・便利なようで不便でもある
 穴は不要な−ドライバをバーナーで焼き、溶かしながら空け 表面は仕上加工するが、裏側は
 わざと残します 凸凹が残った方がホットボンドがしっかり包み込んで固定し易いんです (^ヘ^)v


  ワンセグ・チューナー
 過去の停泊地では、殆どTVを
 見る事ができなかった。
 まぁ、携帯も繋がらない所に
 行く訳だから・・・

 TVはナビ・携帯・防水液晶と
 アナログが3台?あるので
 そろそろ1セグ にしようとネット
 で検索する

 で、DVDプレーヤーと同じ
 CAMOS製のTD-1Sに決定 (^^ゞ

 ベースキットもオマケだった

 
 取り立てて説明する程の内容
 ではないが・・・
 ・接続は簡単
 ・普通にチャンネル取得
 後は、見るだけである

 一番面倒なのがアンテナである
 でも、出かけた先で絶対にTV
 が見たい訳ではないので簡易
 的なアンテナで良しとした

 その結果、天井にマグネットを
 貼り付け、ベースを引っ付ける
 事で難なく解決した
 
 必要な時に、戸棚から出して
 引っ付けて、電源ONでOK (^^ゞ

 ハイマーの2段ルーフはFRPと
 帆布なので、問題なし
 隣に止めたヘッドのTVよりは
 遙かに写りがいい
  ファン
 FFヒーターは無風の自然循環
 そこで、少しでも温風化しようと
 PC用のファンを付けてみました

 トルマヒーターの奥側には、それ
 用の穴が準備されていますので
 単純に取り付けただけです
 
 温度が上がったらファンが回る
 ようにしようと買い出しに出掛け
 たら、サーミスタ付きのファンが
 あるではないですか (^_^;)

 作るより楽だし、なによりも安い
 ・・で、4択の中からの選択となり
 ました

 ・サーミスタの内蔵と外付け
 ・高速と低速回転
 
 当然サーミスタは外付けに決定
 高速型は金属音がするので
 仕方なく低速を選択

 左図は設置の概略です
 暖まってきたら、サーミスタが検出
 し、ファンが廻ります
 冷えたら停止を自動的に繰り返し
 ますので手間要らずです

 バッテリスイッチが入っていなけ
 れば駆動しませんので、気に
 する事もありません
 

 このファン、夏場の冷蔵庫にも
 応用できますね (^ヘ^)v

◆ 修理?
  クローゼットのロック
 移動先に着いてドアを開けると
 クローゼットに納めた衣服や
 備品が床に散乱している事が
 時々あった (-.-)
 ERIBAには良くある話?とも

 試しにロックしてドアを引っ張る
 と、簡単に開いてしまった
 もう一度、確認しながら開けると
 上下のロックが僅かに引っか
 かっているだけの状態である

 ロック穴?は2mm程の金具だけ
 で当たったり、擦れた形跡も何も
 無い状態である

 設計ミスか取り付けミスかな?
 シンク下で、ホースが挟まって
 いたのも・・・まぁ、いいか (^^ゞ

 取り付け寸法を確認すると
 なんと、ロック状態であっても
 受け金具と間が2mmもあった 

 これじゃ、ロックできる訳がない


 まず、本来ある筈であるロックの
 受金具の穴を5mm深穴に修正

 そして、センター金具を5mm程
 ドアの外側に向け位置を変更
 する事にした

 木工ヤスリで、ノブ穴を楕円に
 加工し、できた隙間は 後の事も
 考えてホットボンドで固定した
 
※樹脂との接着性もあるので

 ホットボンドで埋めた後、面取り
 をする・・面取りしないと、金具
 のインローが当たって、動きが
 悪くなります

 後は、ねじ止めして動きを確認
 したら、完了 (^ヘ^)v

 元のねじ穴は見えないので
 このままです (^_^;)

 施工以降は、勝手に開く事も
 なく、どんな悪路を走行しても
 しっかり、閉まっています
 

◆ ガスボンベ
 オマケのテッチンボンベ1本だけ
 では心持たなかったので
 冬シーズンに合わせアルミボンベ
 と自動切替器 を追加

 アルミ5Kボンベ   \15,800
 自動切替式調整器  \6,000
 等々・・・

 知り合いのガス屋さんでは
 コーヒーも御馳走になって
 充填1本\900 (^ヘ^)v
 
 お世話になります

◆ タイヤ
 標準タイヤもまだ山があるのだが
 牽引するとヨロヨロする
 そこで、4本の縦溝が通った
 BFのLongTrail T/Aに交換した
 
 20年間、交換したタイヤは殆ど
 BFだったので今回も・・・

 全8本?に窒素を充填した

 その他、X-TRAILについては
 メニューからどうぞ (^^ゞ
 
 ダイエット
 全装備時のヒッチメンバー荷重
 は、約67kg

 その後
 走行時はジョッキーホイールを
 外したり、積み荷を入れ替えたり
 して・・・

 2006年12月現在
 ヒッチ荷重は54kgです