自作 ランタンスタンド  試作弐号機

上図の赤い部分は、旋盤加工 そして黒の矢印は、銀ロウ溶接した箇所を示す


 では・・・自作(パイルドライバ形)スタンドの
      使用方法を (^^ゞ

 手順:
 1. 1番のポールに2番を差し込む
 2. 打ち込みたい場所に垂直に立てる
 3. 上部を握って持ち上げ
 4. 一気に下げる(打ち込む)
 5. 数回繰り返す(先端が見えなくなるまで)

 2番の握りと1番のパイプ間は、指を挟んで
 怪我をしない程度に約15mm程の間隔を
 確保しています
 (自分の小指の太さ以上あれば問題ないかと)

 打ち込まれた先端部の状態です

 ◆先端部の長さ 約200mm
 ◆材質は、ハイス鋼(以前は超鋼)

 先端部とパイプとの合わせは、
 軽く打ち込む程度です
 そこに、銀ロウで溶接しています

 スノーピークのスリッドステーク30
 でも代用ができるのでは?

 抜く時は、パイプをグリグリ廻せば
 簡単に抜けます

 打ち込みが終わったら、2番を抜き取り
 上下を入替て、1番に差し込みます

 この状態で、約1.6mのスタンドとなります
 キッチン廻りには丁度良い高さになります

 更に、3番のポールを継ぎ足せば約1.9m
 になるので、サイト全体の照明用になります

 1番に2番を収納したサイズは、ルーフキャリア
 に載せるBOXに収まる長さとしている為、3本
 繋ぎとなった

 キャンプには、2セットを持って出掛けている

 

     某メーカー製のスタンドは今も見た事がないので、なんともだが・・・
     私のは、工作機械をヒントに作製した為、強度的には全く不安は無い
     但し・・重たい (--;)

     先端部は全てが石突き 全て ハイスピード鋼の焼き戻し・・危ないから (^^ゞ
     パイプ部分は、1番だけ その他はSUS304の丸棒と削り出しである

     逆に、曲げたくても曲がらない(人の手での話)のである (^^ゞ



キャンプ/旅行
ガソリン/灯油 ランタン
ランタン用スタンド
ランタンのメンテナンス
1&2バーナー